一般社団法人 全国児童発達支援協議会

TOP総会・研修会

総会・研修会

全国児童発達支援協議会は、年に1回の総会のほか、様々な研修会を全国各地で開催しています。 研修会の参加料は会員割引になりますので、奮ってご参加下さい。

総会

定時社員総会 平成29年11月19日 東京
終了いたしました。
定時社員総会 平成28年11月18日(金)14-15時 広島県医師会館
終了いたしました

全国大会

第10回 全国施設管理者等研修会 平成31年2月22日-23日 イイノホール&カンファレンスセンター
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F-6F
第10回記念大会として準備を進めてまいりますので、万障お繰り合わせのほど宜しくお願い致します。
※当初の案内より、開催場所が変更となっています。ご注意下さい。
第10回 全国職員研修会について 平成31年6月27日-28日 はまぎんホール ヴィアマーレ
〒220-8611 横浜市西区みなとみらい3-1-1
開催日時、場所等が決定したしましたのでご案内申し上げます。
※例年、施設管理者等研修を開催している会場です。

CDS創立10周年記念 第10回 全国施設管理者等研修会 開催要項

平成31年2月22日(金)~23日(土)

障害のある子ども達への支援の未来 〜発達支援の質的向上と支援者養成〜

障害のある子どもに対する支援は、障害福祉施策だけでなく子ども・子育て支援制度、母子保健施策などに広がり、発達支援に関わる事業所も多様になって量的には拡大してきている。一方、事業所の急激な増加や児童発達支援管理責任者養成と障害福祉サービス管理責任者養成との統合に向けた議論など、障害のある子どもの育ちや子育てへの支援における独自性や専門性が希薄となる傾向もある。この点については、国-地方自治体-事業所すべての問題として検討するべき重要な課題である。
私たちは、子どもと家族を中心に据えた支援の在り方を大切にし、発足当初から現場に即した研修を重ねてきた。今回、第10回となる記念すべき研修会であり、我が国が国連の児童権利条約を批准して25年を迎えようとしている時期でもある。
在宅の障害児支援の未来に向けて現状を確認し、その在り方と今後の課題を参加者とともに考える機会としたい。

参加申込・宿泊申込について

参加申込書

主催 一般社団法人 全国児童発達支援協議会
後援 厚生労働省(予定)、文部科学省(予定)
日程 平成31年2月22日(金)~23日(土)
会場 イイノホール
〒100-0011東京都千代田区内幸町2丁目1-1
電話:03-3506-3251
定員 400名
対象 児童発達支援、保育所等訪問支援、放課後等デイサービス、障害児相談支援等の発達支援の管理・運営に携わる者
参加費 研修会 全国児童発達支援協議会 加盟施設 10,000円
非加盟施設 25,000円
情報交換会(定員200名:加盟優先・先着順) 7,000円
問合せ 担当理事
岸 良至、宮田広善、橋本伸子、金沢京子、水流かおる、松本知子
事務局
〒123-0851東京都足立区梅田4-12-15
Email: office@cdsjapan.jp
事務手続き→(株)日本旅行 (香田・板東)
E-mail:cdsjapan@nta.co.jp
電話:092-451-0633

研修会プログラム:2月22日(金)

時間 内容
11:45~ 受付開始
12:15 ~ 13:00 開会式 、開会宣言、 会長挨拶、来賓紹介、来賓祝辞
13:10 〜 14:15 行政説明1
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部
障害福祉課 障害児・発達障害者支援室
室長 山口 正行 氏
14:15 ~ 15:15 行政説明2
文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課
特別支援教育調査官 田中 裕一 氏
〈15分休憩〉
15:30 ~ 17:00 記念講演 「子ども・子育て支援と障害児支援~子ども支援の未来に向けて~」
講師 淑徳大学 総合福祉学部 社会福祉学科
教授 柏女 霊峰 氏
18:00~ 情報交換会

第一分科会 9:00~12:00

パネルディスカッション「児童発達支援管理責任者に求められること」
進行光真坊 浩史 氏 品川区立品川児童学園(CDS Japan 理事)
助言者山口 正行 氏 厚生労働省 障害福祉課 障害児・発達障害者支援室 室長
時間 内容
9:00 ~ 10:45 パネラー
1.高木 憲司 氏 和洋女子大学 家政学部 家政福祉学科 准教授
「児童発達支援管理責任者 養成課程に関する決定事項と想定される課題」
~ 養成課程の変更に関する研究の立場から ~
2.金丸 博一 氏 社会福祉法人 柏学園 柏学園相談支援事業所 相談支援専門員
「国研修に携わって見えてきた課題と懸案事項」
~ 児童発達管理責任者指導者養成のリーダーの立場から ~
3.岸 良至 氏 一般社団法人 わ・Wa・わ(CDS Japan 副会長)
「県研修で強調してきたポイントと今後の養成研修への期待と不安」
~ 県研修講師の立場から ~
〈15分休憩〉
11:00 〜 12:00 討 論
 「子どもへの支援に必要なスキルと責任とは」

第二分科会 9:00~12:00

パネルディスカッション「直接支援にかかわる職員養成の取り組み」
進行北川 聡子 氏 児童発達支援センター むぎのこ(CDS Japan 副会長)
助言者米山 明 氏 心身障害児総合医療療育センター(CDS Japan 副会長)
時間 内容
9:00 ~ 10:45 パネラー
1.加藤 正仁 氏 うめだ・あけぼの学園(CDS Japan 会長)
「三菱の助成事業の取り組み」
2.越智 芳子 氏 別府発達医療センター 児童発達支援センターひばり園 園長
「大分県における保育コーディネーター養成の取り組みから」
3.亀井 智泉 氏 信州大学医学部新生児学・療育学講座特任助教
長野こども療育推進サークルゆうテラス代表
「専門職かつ保護者の立場から、子どもたちが地域で暮らすため」
〈15分休憩〉
11:00 〜 12:00 討 論
 「子どもへかかわる私たちに必要なこと」
12:00 〜 13:00 昼食
13:00 〜 13:40 〇パネルディスカッション内容共有 (分科会司会者より)
〇「今後のCDS Japanに期待されていること」~アンケート結果報告~
CDS Japan 制度対策部
〇「放課後等デイサービスガイドラインを用いたサービス提供の実態把握のための調査」
~中間報告~
CDS Japan 調査研究部
13:45 〜 15:15 記念講演 「障がいのある子ども達への支援の未来~支援者に期待すること~」
講師 前 厚生労働事務次官 蒲原 基道氏
司会 宮田 広善 氏(CDS Japan理事) 姫路聖マリア病院重度障害総合支援センター
15:20 〜 15:30 閉会式

ブロック研修会